ピアノは子どもに人気の習い事ですが、ある日突然「やめたい」と言われたことのある親御さんは意外に多いのではないでしょうか。ここでは、子どもがピアノをやめたい理由や習い事を続けさせるためのヒントなどをご紹介します。

子どもがピアノをやめたい理由

ピアノそのものに飽きてしまった、レッスンについていけなくてつまらなくなった、先生と合わないなどやめたい理由はさまざまです。また、友達との時間を優先したい、周囲に劣等感を抱いてしまったなどの理由も挙げられます。

ピアノに飽きた

どんなに好きな食べ物でも毎日食べていると飽きてきます。それと同じように、ピアノ漬けの生活を送ることに飽きてしまうケースも。ほかに楽しいことを覚えてしまい、一気にピアノから冷めてしまうことも珍しくありません。

「最近ピアノがつまらない」「レッスンが楽しくない」と口にするようになったら要注意。すでに子どもの気持ちはピアノから離れている可能性があります。自宅でもピアノの話しをほとんどしないのなら、高い確率で飽きている可能性が。

ピアノを続けさせたいのなら、子どもが飽きずに楽しく続けられる環境を整えてあげることが大切です。新しい課題曲を与えてあげる、やる気が起こりそうなピアノの動画を見せるなどしてみましょう。

ピアノが思ったより難しい

実際にピアノを始めてみたものの、自分の思い通りに弾けず上達の速度も遅いことから嫌になったのかもしれません。人が楽しそうに演奏しているのを見ると「自分にもできそう」と思ってしまいますが、どのような楽器でも上達には時間がかかります。

習い始めたばかりのころに、このような気持ちになることは珍しくありません。そこを乗り越えられれば、ピアノの楽しさに気づけるかも。

「自分にはピアノは合ってない」「才能がないからムリ」などと言い出したときは注意が必要です。最初の壁にぶつかっているのかもしれません。

誰でも最初は難しいもの、少しずつ上達していくのだと親から伝えてあげましょう。

グループレッスンで周囲に劣等感がある

自分よりも上手な生徒ばかりだと、心が折れてしまいそうになります。グループレッスンだと複数の生徒が同時にレッスンを受けるため、目の前で実力の差を見せつけられてしまうのです。

ほかの生徒に自分はどのように見えているのだろうか、へたくそだと思われていやしないかなど、ネガティブな感情に心を支配されてしまうことも。

「自分以外はみんな上手だし…」「みんなの前で弾きたくないなぁ」などと言い始めたのなら、すでに心が折れているのかもしれません。

このようなケースだと、グループレッスンから個人レッスンのピアノ教室に変えることも検討してみてはいかがでしょうか。マンツーマンレッスンなら周りに劣等感を覚えることも少なくなります。

ピアノ教室の先生と合わない

相性の良し悪しは必ずあります。ピアノ教室の先生と相性が合わないと、レッスンを受けても楽しくありません。次第にピアノそのものが嫌になる可能性もあります。やがて教室に行くことにも拒否反応が出てしまい、「もうやめたい」となるかもしれません。

このケースだと子どもは先生に対する不満を口にしていないでしょうか。いつも怒られる、雰囲気が嫌だ、理由は特にないけど合わないなど。先生にネガティブな感情を抱いているのが見てとれるようなら、ピアノをやめたいと考えているかもしれません。

通わせているピアノ教室で、先生のチェンジができるのなら検討しましょう。難しいのなら、別のピアノ教室に変えるのも手です。

遊びや友達を優先したい

周りの友達が楽しそうに遊んでいる姿を見ると、自分も一緒に遊びたいと感じるもの。特に、親から勧められてピアノを始めたような子どもだと余計にそう感じてしまうかもしれません。

学校終わりに友達はみんなでワイワイ遊んでいるのに、どうして自分だけ、と不満を抱いている可能性もあります。同級生くらいの子どもが遊んでいるのを羨ましそうに見ているようなことはありませんか?

「もっと友達と遊びたい」「いつまでピアノやればいいの?」などと口にするようになったら、遊びや友達を優先したいと考えている可能性があります。

ムリに続けさせてもストレスになるので、教室に通う頻度を少なくする、自宅練習を減らすなどして友達との時間も作ってあげましょう。

宿題や練習をしたくない

ピアノ教室によっては、次のレッスンまでに宿題を出されることがあります。自宅でも練習しなくてはならず、テレビを観たりマンガを読んだりといった自分の時間がなくなるため、やめたい心理状況になる可能性があります。

厳しいピアノ教室だと、子ども相手でも難しい課題を出してくることは珍しくありません。こなすためにはそれなりの練習量を確保しなくてはならず、結果的に子どものプライベートな時間が少なくなります。

「自宅でくらい好きなように過ごしたい」と話しているのなら、まさにこのような心理状況なのかもしれません。

宿題や課題が少ない、またはあまり厳しくないピアノ教室に変えることも検討してあげましょう。

苦手を克服できなかった

苦手なことを克服できなかった場合、自分には才能がないと感じてしまうかもしれません。特に、一生懸命レッスンも自主練習も頑張ってきたにも関わらず、苦手を克服できなかったとなると、自信を失ってしまいます。

自信を喪失するだけでなく、ピアノに対する情熱をなくしてしまうこともあります。面白くない、楽しくないと思うようになり、ピアノ教室に行きたくないと口にするようになるかもしれません。

誰でも苦手なことはあります。ある人は簡単にできることでも、ある人にとっては苦手といったことは楽器の世界では珍しくありません。苦手なことより、得意なことを伸ばしていけばよいことを伝えてあげましょう。

ピアノ教室の辞め方

どうしてもピアノを続けるのが難しいのなら、ピアノ教室も辞めることになるでしょう。ここでは、ピアノ教室を辞める時期や伝え方、先生にお礼の品を渡すタイミングなどをご紹介します。

ピアノ教室をやめる時期

特にこれといって決まった時期はありません。この時期に辞めたほうがいい、といったタイミングもないので、子どもとも話し合いつつ決めましょう。

完全にピアノへの情熱がなくなっているのなら、なるべく早めがよいかもしれません。ダラダラと続けていてもお金と時間をムダにしてしまいます。早めに辞めて、新しく子どもが夢中になれることを一緒に見つけてあげましょう。

少し様子を見たいのなら、期限を決めておきましょう。2~3ヵ月、もしくは半年など期限を決めておき、心境の変化などを見守ってください。期限までに辞めたい気持ちが変わっていないのなら、そのときは辞める手続きを進めましょう。

ピアノ教室をやめるときの伝え方

一度辞めても、また子どもがピアノをやりたくなる可能性があります。またピアノ教室に通いたいとなることも考えられるため、できるだけ穏便かつ円満に辞めることを心がけましょう。

無難なのは学業を理由にすること。成績が落ちてしまった、受験の準備をしなくてはならない、などが考えられます。

基本的に、辞める理由は先生から聞かれない以上わざわざこちらから話すことはありません。あまり詳しく辞める理由を伝えたくないのなら「家庭の事情」と伝えるのが無難です。

辞めるときは1ヵ月前までに伝えるのがマナー。明日、明後日いきなり辞めますだとピアノ教室も困ります。最低でも1ヵ月前には伝えましょう。

お礼の品を渡すタイミング

お礼の品を渡すタイミングはレッスンの最終日です。レッスンが終わってから、直接先生に渡しましょう。すぐに次の生徒が待っているようなケースだと、教室の受付スタッフなどにお願いして渡してもらうのもアリです。

ただ、やはりマナーとしては直接本人に渡したほうがベストです。レッスン終わりに先生が時間をとれそうにないのなら、レッスン前にお礼と一緒に渡してもよいかもしれません。

お礼の品を渡すときは、まずきちんと挨拶をして辞めることを伝え、これまでの感謝の気持ちを伝えましょう。お礼状を別途添えておくのもおすすめです。あまり長々と話せないようなケースだと、お礼状のほうがよいかもしれません。

子どもに習い事を続けさせる方法

できることならピアノを辞めずに続けてほしい、と考えている親御さんも少なくないでしょう。しかし、ムリに習わせるのも気が引けると頭を悩ませている方もいるかもしれません。ここでは、子どもに習い事を続けさせるヒントをご紹介します。

ピアノをやめると後悔する理由を伝える

辞めたら後悔する理由を伝えてあげると、辞めずに続けようと考え直してくれるかもしれません。子どもはその時々の感情で突っ走ってしまい、後先のことを考えないことがよくあります。想像力もまだ足りず、辞めたらどのような後悔をする可能性があるのかをイメージできないのです。

たとえば「ピアノを弾けるのは凄いことよ?自分の特技を捨てちゃうの?」や「今までの時間が全部ムダになっちゃうかもよ?」など。

続けていればもっと上手になれる、ほかの人は持っていない特技を身につけられる可能性を伝えてあげましょう。

音大へ進学する可能性を伝える

音大に進学できれば、卒業後にピアノ関連の仕事に就ける可能性があります。子どものうちからそこまで先のことはイメージできないかもしれませんが、自分の特技を仕事にできるかもしれない可能性を伝えてあげましょう。

基本的に、音大に進学するのは幼いころから楽器を演奏している人ばかりです。中には例外もいますが、子どものころから楽器に触れていないと簡単には音大に進学できません。

子どものころからピアノを習っているということは、音大に進学できる切符を持っている数少ない人のひとりなのです。それがいかに素晴らしいことなのか、丁寧に教えてあげると子どもも理解してくれるかもしれません。

保育士・先生になる可能性を伝える

将来保育士や先生になりたい、と夢見る子どもは少なくありません。小さな子どもに憧れられる職業なので、ピアノを続けていれば保育士や先生になれる可能性があることを伝えてあげましょう。

保育士は必ずピアノが弾けないといけないわけではありませんが、演奏できたほうが採用される可能性は高くなります。また、ピアノを習い続け音大を卒業できれば、音楽の先生になれる可能性もあります。

高度な演奏力と音楽理論も身につけられれば、ピアノ教室を開いて先生になるのも夢ではありません。「〇〇先生みたいになりたくない?」と聞いてあげると子どももイメージしやすくなるかもしれません。

楽器ができるよさを伝える

楽器が演奏できるのは素晴らしいこと。それを伝えてあげれば、やっぱりピアノ教室を続けたいと考え直すかもしれません。

ピアノが弾けるのなら、それはもう立派な特技です。誰もが弾けるわけではなく、頑張って練習を続けてきた人だけがピアノを演奏できるのです。自分だけの特技が持てるのは魅力的ですよね。

また、楽器を演奏できれば人生をより豊かなものにできます。いろいろな音楽を楽器で演奏でき、自分はもちろん周りの人たちも幸せな気持ちにできます。

保育士や学校の先生、ピアノ講師、プロのピアニストなど将来の可能性が広がるのも習い続けるメリット。楽器が演奏できるのはこんなに素晴らしいのだ、と分かりやすく丁寧に教えてあげてください。

親御さんと約束する

ピアノを習い始めるとき、絶対にすぐ辞めないと親御さんと約束するようなケースは少なくありません。それを条件に親御さんがOKすることも多いのですが、このようなケースなら子どもが辞めたいと口にしたときも当初の約束を持ちだしてみましょう。

「あのとき約束したよね?」「これから先、また何か始めたくなってもどうせすぐ辞めると思うようになるよ?」など。

約束の大切さを教えるにもちょうどよいチャンスかもしれません。約束とはそう簡単に破ってはいけないもの。「あなたは約束を簡単に破るような人なの?」と優しく諭すように語りかけてみましょう。

親御さんが励ます

自信をなくしているようなケースだと、親御さんが励ましてあげることで習い事を続けられるかもしれません。周りの上手な生徒に劣等感を抱いている、苦手を克服できないようなケースだと自信をなくしてしまうこともしばしば。それを理由にピアノを辞めようとすることは珍しくありません。

自信をなくしているのなら、あなたは自分のペースで頑張ればよいことを伝えてあげましょう。楽器の上達スピードは人によってさまざまです。急成長する人もいれば大器晩成型の人も。

情熱をなくしているのなら、何かご褒美を用意してあげるのもよいかもしれません。意外と簡単にやる気を取り戻してくれる可能性があります。

ピアノ教室に通う頻度やレベルを変える

友達ともっと遊びたくてピアノを辞めたいのなら、教室に通う頻度を変えるのもアリです。教室に通う頻度を少なくし、代わりに自宅での練習課題を与えるなど工夫しましょう。

また、通っているピアノ教室のレベルが高すぎると、子どもが嫌になってしまう可能性も。レッスンについていけない、先生が厳しすぎるなどの理由で辞めたいと考えることも。

ピアノ教室のレベルはさまざまなので、ほかの教室に移ることも検討しましょう。生徒のレベルに合わせたレッスンをしてくれる教室もたくさんあります。

趣味レベルでゆるく学べるような教室だと、マイペースにのびのびとピアノを楽しめます。

ピアノをやめるときのご自宅にあるピアノの処分方法

ピアノを習わせているのなら、自宅でのレッスン用にピアノを購入している方も少なくないでしょう。ピアノを辞めるのなら不要になるため処分を考えるものですが、どのように処分すればよいのでしょうか。

ピアノを捨てる

ピアノのような大きな不用品だと、粗大ゴミとして処分してもらうことを考えるはず。しかし、実際にはピアノは粗大ゴミとして処分できないことがほとんどです。

自治体によっては対応しているかもしれませんが、基本的に多くのケースではピアノの回収はしていません。もしかすると回収してもらえるかもしれないので、一度自治体に問い合わせてみましょう。

不用品回収業者を利用する方法もあります。ほかの不用品もまとめて回収してもらえますが、ネックは費用がかかること。特に、ピアノのような大型の楽器だと10,000~20,000円、もしくはそれ以上の費用が発生することもあります。

ピアノを売却する

リサイクルショップや楽器店などに売却する方法です。どちらにも売却できますが、リサイクルショップだと楽器に関する専門知識を持つスタッフが在籍していない可能性があるためおすすめできません。

売却なら楽器店や買取専門業者です。ピアノに関する専門知識を持つスタッフが査定をしてくれるため、満足いく価格で買取してくれる可能性があります。

ピアノの買取に対応している業者だと、自宅まで査定に来てくれるため労力もかかりません。査定額に納得いけば、そのまま引き取ってもらうことも可能です。

業者によって査定額は変わってくるため、できるだけ高く買取してくれるところへ依頼しましょう。

子どもがピアノをやめるときは売却を検討しよう

もしお子さんがピアノをやめるときは処分せずに売却しましょう。わざわざお金を払って捨てる必要はありません。

もしどこにピアノ買取を依頼すべきかわからないなら、ピアノ買取術高額鑑定王がおすすめの鑑定術をお伝えします。詳しくは以下のページをご覧ください。

⇒ピアノ買取術高額鑑定王の買取術を見る